まつげパーマの持ちを良くするクレンジングの選び方

オイルを配合していないもの

少しでもオイルの配合されていないものを選びましょう。オイルは、まつげパーマにダメージを与え、パーマの持ちを悪くします。ゲル状のクレンジングや、リキッドクレンジングなどのテクスチャーを選びましょう。

こすらずに落ちるもの

ゴシゴシとこすっては、摩擦により、まつ毛パーマにダメージを与えてしまいます。優しくなでるだけで、アイメイクを落せるものであることが大切です。洗浄力があり、お肌や目元に優しいクレンジング剤であることが必要です。

まつげをトリートメントしてくれるもの

まつ毛の痛みなどをケアしてくれる、保湿成分などの、トリートメント成分が配合されているものが好ましいですね。まつ毛だけでなく、目元をケアしてくれるようなクレンジング剤であれば、自然とまつ毛パーマの持ちもよくなります。